ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

人には、居場所が必要だ

こんにちは!

吉田です。

先日は1ヶ月ぐらい準備していた交流会があって、

当日は多少バタバタしてしまったけど、無事に終わりました。

 

f:id:yosshie-A:20180131123037j:plain

 

 

f:id:yosshie-A:20180131123059j:plain

 

f:id:yosshie-A:20180131123110j:plain

  

交流会の様子はこんな感じ。京都の古民家で開催することができました。

 

 

「話したい事を話せる、語れる」をコンセプトにしていたのですが、やってみて再認識したのは、誰と話すかが大事ということ。

 

たとえば、家族に話しづらいこと、友達に話しづらいこと、ってないですか?

周りが思っている今までの自分のイメージがあるからこそ、そこにあてはめようとしてしまう事ってありますよね。だから、何か自分を変えようと思っているときにそのことを話せない。

 

それに、その人との関係性が変わってしまったら、、と考えると不安。

特に家族だったら、どんなに時間がたってもずっと家族だし。

 

だからといって、何かについて、話したいけど話せないモヤモヤを抱えていたら、どうなるのでしょうか

 

仲間ができ

良いことも悪いことも、自分の強い部分も弱い部分も見せられるのが”仲間”だと思います。

良いところは認め、でも悪いところについても自己開示していく。

そうでなければお互いを尊重する気持ちが生まれなかったり、ただ褒めあうだけで表面的な関係になってしまうのでは無いでしょうか。

 

 

将来のことを考えにくい

何かが心につっかえた状態では、将来のことを考えにくいのではないかと思います。

たとえば、テスト勉強を全然してなくて「単位がヤバい!」というときに、テスト後に旅行に行く計画を練ったりするのはしんどいですよね。。

 

人間、色んな事を考えすぎると、いっぱいいっぱいになってしまうこともあると思います。なので、自分の中では大きなことだけど人に話せてない、ということはなるべく発散してしまうことで、ひょんなキッカケから一気に前進することができたり、ということも起きてくるはず。

 

 

 

思い切って話してみる

 

あまり打ち明けられなかった事を打ち明ける、思い切って話してみる

そんな経験をどのタイミングでするかによって、人生も変わると思います。

そこから一緒に何かに取り組める仲間を集められるようになったり、将来の方向性が定まったり。

僕自身、過去にそういうことがありました。「あの時の経験があったからこそ、動けたし、今の自分がいる」と今では思います。

 

だから、そんな風にキッカケを与えられる人も増やしたい。

 

 

とかとか、考えることは色々とありますが、精神的なものも、リアルなものも含めて、やっぱり思うのはこれ。

 

人には、居場所が必要だ

元 超ふわふわ系でもロジックが必要だと思った話

こんにちは!

吉田です。

2018年2記事目。

最近は、家に人がよく泊まりに来たりとか、そこでアイディアとか構想を共有することが増えてきました。

 

f:id:yosshie-A:20180124115837j:plain

昨日の晩ご飯は梅田の地下にある「ローマ軒」へ

量が多くてオススメ。

 

f:id:yosshie-A:20180124115833j:plain

この前は、縁あって知り合った大学生と色々とできそうだね、という話に。

 

 

僕の残りの学生期間もどんどんと減っているのですが、そこでふと 

"時間が解決してくれる"ということについて思うことがありました。

 

 

「時間が経てば良い方向に向うはず」

「何か問題があっても時間が経てば自然と解決される」

 

僕はそれに対して、本当にそう?と疑問に思います。

あなたはどう思いますか?

 

例えば、僕自身、途中まで大学生活がとても長く感じていました。春休み、夏休み、なんてまるまる1ヶ月ぐらいあるし。

「そんだけあれば何かやっていれば自然と何事もうまくいくんじゃないか。」

そんな気持ちで過ごしていたら

 

 

…何にもなりませんでした。

僕の場合は別に時間が解決してくれるってことは無かったです。

 

それって要は、考えてることに”ロジックの無い”状態だったと思うんです。

 

自分自身を振り返るとロジカルシンキングって元々苦手でした。。

というよりかは、あえてそうやって考える事を放棄していた気もします。

 

 

ロジックがちがちだと何か冷たい、、

 

あなたは、ロジカルシンキングは好きですか?

 

僕は、論理的なことに対してどこか冷たい印象を持っていました。

多分、幼少期の家庭環境も影響しているんだと思います。

 

例えば、論理的に考えたり、しゃべることに対して、「つまらん!」

という空気が、母・妹にあったり

(父はむしろそっちの方が良い派だったんですが、、)

そんなところから自然と超感覚派の人間になっていったんだと思います。

 

 

「論理的」なのは、「つまらない」から「面白い」に 

 

でも今はロジックがあることに対して面白いと感じます。

 

例えば、将来やりたい事について。

大学4回生途中ぐらいまで僕は超ふわふわとしていました。

「夢が見つかれば自然と叶うはずだ、、!」

というのが持論でしたが、

「本当にできる?本当にそう?欠けてる視点があるよな。。」

と、今では思います。

 

今は、その夢とかやりたい事を考え、それを実現するロジックを組み立てるのが面白い。

いや、それを組み立てるだけじゃなくて、実際にカタチにしていくこと。

カタチにできそうな時点でもそこそこ面白いけど、やっぱり結果として実現しないと面白く感じられない気がしています。

 

そんな感覚になってきました。 

 

論理的に考えてみることで気付くこともたくさんある

 

論理的に考えるようになって、色んなことに気付いたり、将来の設計をしたり、ということができてきたので、ロジカルシンキングに対する抵抗感もなくなったんだと思います。

 

きっと世の中には、しっかりと”考えれば”気付くことがたくさんあります。

 

人生の中で今はどういう期間なのか?

日本の社会はどう変化していくのか?

今、どういう状況におかれているのか?

 

などなど、考えてみるのも面白いです。

 

また、何か問題を解決するとか、実現したいとなったときに、

たいていの場合、意外とそのための時間は少ないんじゃないかと思うし、

そういう状況であれば、きっと論理的に考えてみることで気付けます。

 

もし

【何となく行動していたら時間が解決してくれる。うまくいくはず、、!】

というものがあれば、

これが

【こんな風に行動していたらこんな流れで実現できるはず。ああ、時間が足りない、、!】 

になったら。

 

それはそれで面白そうじゃないですか?

 

 

そんな感じで、今日は論理的な思考について思っていることを書いてみました。

 

もしあなたがふわふわしてると感じるときがあれば、ぜひ考える時間をとってみてください。筋道立てて考えることでモヤモヤがスッキリするかも、、!

なんで相談に乗ってるの? ~1年で感じたこと~

こんにちは!

 

2018年、初投稿です。

毎年、Facebookで一年の振り返り的なものをまとめていたけど、今年ははてなブログで書いてみようと思います。

 

ブログ自体は最後に書いたのが去年の12月末だったので、年末年始まで少しさかのぼります。東京の実家に帰ってガキ使を見たり、初詣行ったり、久しぶりの人と語ったり。あとは、2017年の振り返りと2018年の年間計画をたてたりしてました。

 

f:id:yosshie-A:20180116143644j:plain


 

 

初詣。年末の写真これぐらいしか撮ってなかった…

 

f:id:yosshie-A:20180116142621j:plain


 

 

2017年はこんな感じ。選ぶのも面倒くさいのでまとめました。主に大学生の相談とか問題解決だったり、イベント企画。

 

2017年は、一つにいききると決めた年な気がします。

 

そうなったのは得られる情報の質や量が変わったことも理由の一つですが、悔しい経験が多かったこともあります。(もちろん、楽しいこともあったけど)。

 

新しく吸収したことに対して、全然アウトプットが追いついていませんが、

構想はだんだんできてきました。

目指したいものを見つけてスタート地点に立つまでを支援する人、って感じで1年やっていきます。

 

 

あなたはどんなジャンルでやっていきたい人ですか?

 

僕は自分の人生を振り返ったときに

スポーツ業界で頑張りたい、とか途上国の子供を支援したい、とか

わかりやすいテーマみたいなものがなかった時がありました。

 

出てくるのは

「自分には何も無い」「なんで自分の人生はこうなんだろう」ばかり。

 

早いうちから将来の安定を考えて、

良い大学に行って良い企業に就職、周りからの評価、社会的貢献、、

とかを目指してたけど、もっと早くから素直にやりたい事に挑戦しておきたかった。。

 

でもどんなに後悔してもやり直す事はできないんですよね。

いま全力で軌道修正してますが。

 

後悔するのが一番嫌じゃないですか?

悲しいというか、虚しいし。

 

大学生だったら「高校のときにこうしておけばもっと良くなった、、!」

と思うことのひとつや二つ、あると思います。

でもそういうことって経験した後に気付いたりするものじゃないですか?

 

それと同じで、

「こういう考え方があればもっとぶれなかった、、!」

「こんなアクションを起こしていればもっと成長していた、、!」

ってことを大学生に伝えたい。

土台の形成には自信があります。

 

僕は、自分を変えたかったし、やりたい事を見つけたかったので、

ひたすら人に会いまくる、色んなバイトに挑戦、ヒッチハイク、学生団体で就活支援、資格の勉強、医療機器の研究、

とかしてました。でもそれほど自信はつかなかったし、やりたい事も見つからなかった。。

今思えばそんな遠回りなこと自体にも意味はあったかもしれないけど、もし今の自分の思考で大学1回生に戻ったらもっと違うことをしてます。

 

だからこそ、可能性ある人のチャレンジを支援して、後悔をなくしたい。

 

あとは1年かけて改めてわかったことは、相談に乗るのがシンプルに好きだということ。その人がつまづいてるポイントがはっきりしたり、壁を超えられるようになるのが嬉しい。

 

実現したい夢を追いかけられる人を増やす、そこまでの成長を促進していく事、というのは今後もずっとやっていきます。

目を背けるか、直視するか

こんばんは!

 

最近、めちゃくちゃ寒いですね。

ユニクロヒートテックの極暖なしではもうやっていけません、、

 

f:id:yosshie-A:20171217210635j:plain

 

これは一昨日。じいちゃんばあちゃんの家までの途中。

今までそんなこと無かったけど色々あって、話してるだけなのに泣きそうになってしまう。一緒にいる時間を本当に大切にしたいなと思いました。

 

f:id:yosshie-A:20171217210701j:plain

f:id:yosshie-A:20171217210712j:plain

 

朝活の日は始発の電車なのでガラガラ。

 

 

 こんな感じで過ごしてますが、今日伝えたいと思ったのは "自分と向き合うこと" について。特に自分の弱いところと向き合うことはかなりエネルギーが必要だったり、しんどい事かもしれません。でもきっと必要なこと。

  

あなたの弱点はなんですか?

 

きっとこれを読んでくれているあなたも何か苦手なことや壁にぶつかった経験があると思います。そんなときに自分の弱点について考えたりするのではないでしょうか。

 

ただ、自分の弱点が見えたとき、思わず目を背けたくなったり、

克服しようと思ってもなかなかそれが難しかったりしませんか?

 

例えば、大学でどうしても苦手な科目の授業があって、でも必修だから勉強しなきゃいけない。卒業のためにはそこを超えなきゃいけない、みたいな科目が一つや二つあるかもしれません。そんなイメージ。数学が嫌いなのにやらざるを得なかったらそこに割くエネルギーはハンパないですよね…。

 

もちろん、自分の弱点のすべてが克服するべきものとは限らない。

でもそんな風に、どうしても超えなければいけないものもあると思います。

 

あなたの弱点はなんですか?と聞かれたときに、

あなたならなんと答えますか?

 

これにどれだけ答えられるか、というところに、普段自分の弱さとどれだけ向き合っているのかが現れるのではないでしょうか。

 

 

こんな風に書いていると、捉え方によっては「自分の弱さとは向き合わなければいけない!」と押し付けがましく聞こえてしまうかもしれません。実際、どうなんでしょうか?

 

別に弱いところをそのままにしておいても良いのかもしれない。

 

 

 

…それが自分ひとりで完結することなのであれば。

 

もし、そうではなくて誰かと一緒に、チームで、何か目指すものに向っているのなら。

そこには多かれ少なかれ責任が生じると思います。そうなったらもう自分だけの問題ではない。だからこそ、弱点はそのままにしてはいけない、なんて事を考えたりしてます。それが考え方を根本から変えることになったとしても。

 

人は、たった一人で自分を変えるのは難しい

 

自分の弱点を克服したい、根本から変えたい、と思っても

どうしてもひとりでは難しいと思います。

 

思ってる以上に、人はそもそも弱い生き物なんじゃないか、と僕は少なくともそう感じてます。

でも、実現したいものがあるから、工夫する。

自分ではどうにもならないのなら、人を頼る。 

特に、何か次の段階に進みたい、と思ったらズバッと言ってくれる人に、ありのままを打ち明けてみるのがおすすめ!

一瞬、しんどいけど解決策が見つかるかもしれません。

 

 

P.S. 最近人に教えてもらって納得した言葉を紹介します!(読んだことはないけど…。)

 

へたくその 上級者への 道のりは 己が下手さを知りて一歩目

 安西先生スラムダンク

目的なく人に会いまくっていませんか?

こんばんは!

昨日、今日とこんな感じでした。

 

f:id:yosshie-A:20171214222707j:plain

昨日のお昼は天丼。てんぷら乗せ放題ということで山盛りに。

ちなみに今日はマクドでした(写真はなし)。

 

 

f:id:yosshie-A:20171214222703j:plain

昨日は駆け込み相談室。

この「相談室」という名前も変えようかと考え中。

 

今日は、人との出会いは大切だと思う反面、ただ会うだけで空回りしてしまうこともあるなあと、昔の自分を思い出したりすることがありました。

そんなわけで今日は "人と会うこと" について書いていきます。

 

 

普段、何となく人と会っていませんか?

 

あなたが、自ら足を運んで誰かに会いに行くとき、

どんな目的意識を持っていますか?

 

例えば、

電話をかけて連絡を取ってみるとか、

メールを送って会いに行くとか

イベントに行くとか

知ってる人に紹介してもらうとか…

 

そんな時、

わざわざその人のところまで行くということは、

あなたの身のまわりの人に聞いても解決できない問題があったり、

知らない、わからない何か、があるときなんじゃないかと思います。

 

だからこそ、何となく会ったほうが良いから、ぐらいの理由では

きっと本当に得たいものは得られません。

 

というのも、僕自身が、

「とりあえず、価値観を広げよう!」

「あの人に会ったら何か変わる気がする!」

「あの人にアドバイスをもらったらうまくいきそう」

と、こんな風に考えていた時、今から思えば空回りしていました。

 

元々、2年前は関東に住んでいたんですけど、関西と比べると

とにかく普段開かれているイベントの数が全然違うんですよね。

毎日のように興味のわくイベントがどこかで行われている状況。

僕はちょうど3回生、4回生の頃だったのですが、

そこで新しい人と会うことで何か自分の人生が進む気がしていました。

会って、挨拶して、いくつか質問して、相手のことを聞いて自分のことを話して、、

という感じ。

 

どんなものに行っていたかと言うと、

社長さんが来て語るイベントだったり、

就活支援で面接練習ができるイベントだったり、

NPOつくってるとか旅してるとか普段会わないような人の話を聞くセミナーだったり。

 

…でも、ぶっちゃけほとんど自分のやりたい事、目指すことに活かすことはできませんでした。

 

ただ何となく進んでる気がするだけ。

なぜなら、会うことに対する目的意識が薄かったからです。。

 

会ったその先は、、?

あなたも、誰かに会いたいと思って会いに行った経験が少なからずあるんじゃないかと思います。

そこで会った後、どうなりましたか?

 

自分の問題が解決したり、

知りたかった事を知れたり

 

得られるもの得られれば、きっと前に進んでる。

でも、もし何も生まれなかったのなら、一度考えてみたほうが良いかもしれません。

その、会いたい人に会った後にどうなりたいか?

という目的を考えることが大切。

 

「人脈を増やしたら良い!」

と言うことをよく耳にしますが、

闇雲に人脈を増やしても、人生が前に進むとは限らない。

人は意外と、考えてるようで考えていない、ことがよくあると思っています。

 

ぜひ、誰かに会おう!というアクションを起す前に

その必要性や、目的

どんな情報が自分には足りないのかを考えてみてください。

 

そうすることで、人との出会いがあなたの人生のゴールに直結する良いキッカケになるのではないでしょうか。

あなたの夢、ぼやぼやしていませんか?

こんにちは!

 

久しぶりの更新です!

最近はこんな感じ。

 

 f:id:yosshie-A:20171213124114p:plain

f:id:yosshie-A:20171213124105p:plain

朝活をするとき。朝5時ぐらい。誰もいないからスッキリ。

 

f:id:yosshie-A:20171213124056p:plain

「学生団体総選挙」なるものに参加してきました。

f:id:yosshie-A:20171213124049p:plain

真ん中が自分。ファミマで大量に印刷してきた後でちょっと疲れ気味…

f:id:yosshie-A:20171213124045j:plain

毎日(毎晩?)どんなチームを作っていこうか話してました。

 

最近は、将来何をしたくて、何を作りたくて、どうなりたいのか

語る機会が増えてきました。

 

今日は、なぜ、やりたい事、将来のことを ”語ること” が大切なのか、について書いていきます。

 

発信するだけではなくて、”語る”

普段、周りの人にやりたい事を発信する機会はありますか?

「こんなことがしたい!」と言い続けてると、

会いたかった人に会えたり

必要な情報を教えてもらえたり

といったことも起きてきます。

でも、それと同時に、

その発信する内容を深めていくことも大事だと思ってます。

なぜなら、やりたい事はどんどんとブラッシュアップされていくものだから。

 

例えば、旅行に行く、となっても

どこを訪れて、何を見て、何を体験して、そもそもどんな交通手段で行くのか、など。

ガイドブック買ったり人に聞いたりググったりしてると、旅行に行く計画がどんどん鮮明になっていくと思います。

考えれば考えるほどワクワクしますよね!

やりたい事を語るのもそんな感覚。

 

それに10年、20年、、と今まで生きてきた背景や、やってきた経験があって、これからやりたい事を思い描いていく、と考えたら、そんなに単純なものでもないはず。

 

具体的にどうやってそれをするの?

 

また、やりたい事を語ると、他の人からのフィードバックがもらえますよね。

それがきっとあなたの考えてる構想をもっと具体的にしてくれます!

 

なぜなら自分の中ではつながっていても、意外と話してみるとつながっていないことに気付けるから。例えば、めっちゃ好きな本や映画があったとしても人にオススメしようと思ったら意外と伝わらなかったりしませんか?実際その映画の良いとこって何なの?というのが言葉にできないことは、人に伝えてみて分かります。

 

特に、どうやってそれを達成していくの?現実にしていくの?という部分は

さっきの旅行の例で言うのなら、どんな交通手段で行くのか、という話。

 

そんなことをつっこんでくれる人はあなたの周りにいますか?

 

多分、家族に話しても、どうやってやるのか?色々と質問されることは無いですよね。

そうではなくて、それを本当にかたちにしていくのは大前提。

そのうえで「どうやってそれをやるの?」ということをつっこんでくれる人と語り続けることが重要です。

 

最後に、良い言葉を見つけたのでのせときますね!

 

 

 夢を語ろう、夢を実現するために。

  ブルース・スプリングスティーン(ミュージシャン)

 

前進してる実感が欲しい、、!

こんにちは!

前回、ブログ記事をアップしてからだいたい一ヶ月ぶりの更新。

なぜ更新していなかったのかの前に、

やってたことを挙げると

駆け込み相談室、ガクセイ未来デザイン会議、こども食堂、高校生ボランティア、NPO、交流会イベントでプレゼン、個別で人生相談、、

 

f:id:yosshie-A:20171116151516p:plain

 

コレは昨日。マスクははずしとけ自分…。

 

 

f:id:yosshie-A:20171116151532p:plain

 

f:id:yosshie-A:20171116151552p:plain

 

 

ガクセイ未来デザイン会議。アットホームな感じ。

 

 

f:id:yosshie-A:20171116151614p:plain

 

時間をもらって伝えたい事をしゃべる。

 

 

こんな感じだったけど、結構空回りが多かった。迷惑もおかけしました。

自分の中では目的意識を持ってやっていたはずなのに、本当にそれが正しいかだんだんわからなくなっていって。

発信しても良いことあるのかと疑問に思ってブログも書かず。。

 

今は改めて客観的に自分を見て分析したり、人に聞いたりして修正してます。

 

最近、気付いたのは

 

マルチタスクが苦手

やり方をすぐに変えてしまう

アイディアのブレストが苦手

 

逆に得意なこと(?)は

 

長期的にやりたい事は諦めない

何かの分野における初心者の育成

サポート力

 

とかはありそうだから引き続き頑張りたい。

 

そんなことを考えていたら、前に書いたこんな記事を思い出しました。

careersekkei.hatenablog.com

 

「自分ってこういうところあるな」というのはこれからもたくさん出てきそう。

 

ただ、色々やってても、「主人公のように生きれる人を増やしたい」、というのは変わらない。

やりたい事を見つけて発信したら、仲間ができて、自分もどんどん強くなる、、。

そんなストーリーがあれば主人公のように人生が進んでいくんじゃないかと思っています。

 

逆に、そうなれないのはなぜだろう?と考えたときに、

高校生やもっと下の子ども達へのアプローチも必要だと思ってボランティア活動もしてみたり。

ただ、自分自身は何から着手するべきか。まず何をしなければならないのか。

ここが適当だと失敗するので、選択の質が重要だと思っています。

 

弱いところ足りないところも身にしみて感じたし、ここから必要なものをどんどんとりにいこうと思います。

最後はそのことについてさらっと書いて終わります。

 

意識してる?それとも無意識?

 

あなたは、歯を磨くときに「歯ブラシの角度はこれぐらいで、こうあててこれぐらいの速さで磨こう」

みたいに意識的に磨いたりしますか?

そんなことはないですよね。

何万回と歯磨きしていたらもう無意識的になってると思います。

 

じゃあ、無意識にしてることって何だろう?と考えたときにそれは既にできることなのではないでしょうか。

「歯磨き」という一つの”スキル”をもう持ってるから無意識にやっている。

逆に、最初から自然と歯磨きができてたかというと、、?

 

あまり歯磨きの話を人とすることは無いからなんともいえないけど、

まーないんじゃないかと思います。

 

 

必要なものを意識的に取りにいく

 

できないことは意識的にできるようにしていくこと。

僕たちができるようになる必要のある事は、たくさんあるし、取りにいくのは別にスキルに限ったことでもない。

 

その中で、あなたが達成したい事のために、まず何をしなければならないのか?

最終ゴールだけでなく、直近で必要な事を考える。

それを取りにいこうと行動に移すことで、徐々に前に進んでいく感覚を持てるのではないでしょうか。

/* */ @import url("http://hatenablog.com/theme/6653586347153366095.css"); /* */ /* */ /* default */ /* */