ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

学ぶのか、盗むのか

おはようございます!

 

昨日まで東京に行っていました。夜行バスは毎回グロッキーになります。。

そこで色々な人に会っていたのですが、中にはロールモデルのような人もいれば、国内や海外のツアー企画やNPO法人立ち上げ、など思い描いたことをカタチにしている人もいたり。そんな人たちの思考から自分に足りないもの、半年後、1年後の自分を想像した時に何をするべきか、、と考えていました。

 

あなたがロールモデルとしている先輩はいますか?

スキルや姿勢、マインドなど。

大事なのは、そういう人から何を学ぶのか、以上に

そういう人から何を盗むのか、という目的意識だと思います。

 

教わるのではなくてぬすめ!的なことは、

部活で先輩のプレーからだったり、

バイト先やインターンでの先輩の仕事からだったり

で必要になってくるのではないでしょうか。

 

そんなこんなで、今日は”盗む”ことについて。

 

何を盗むか

 

まず、その人から何を盗むのか。

着目している何かが明確でなければ

なんとなくすごいとかで終わってしまう。

 

その人のどういうところがすごいのか

自分が同じようにするとしたらどんな風になりそうか

 

たとえば、スポーツでうまい選手の真似をしようと思ったら。

 

その選手のどんなプレーのどこがすごいのか。

それと自分を比べたときに何が違って、どうすれば同じ事ができるようになるか。

そんな風に分析したりするんじゃないかと思います。

 

逆に、「すげー!」と感動するだけで終わってしまったら。

きっと同じことをしてみようと後で思ったとしても難しい。

 

それは、その場で影響を受けているだけで受身な考え方になってしまっているから。

 

ためしに、自分のプレーの動画とかをとってみたら面白いかも知れません。

頭ではわかっていても、思い通りに自分を動かす事ができない、ということは多々ありますよね。だからこそ、少なくとも、自分の理想とする人と一緒にいるときは” 何を盗むか”という思考が必要。

 

次の瞬間に「同じ事やって」と言われてできる準備をするぐらいの意識があってもいいかもしれません。

 

 

ロールモデルは誰?誰から盗むか

 

とはいえ、闇雲に色んな人の考え方、やり方、を盗んでも、最終的にたどり着きたいところがなければ、もしかしたら途中で病んでしまうかも。それは野球でいうのなら、近所のおじさんの考え方、クラブチームのコーチの考え方、うまい先輩、学校の先生、、全部の人の考え方・やり方を取り入れようとするようなものです。

 

大事なのは、「こんな人になりたい」や「こんな事ができる人間になりたい」などから、

まず自分のロールモデルを見つける事。見つけたらすぐにでも会いに行けばいい。

 

そういう出会いやキッカケによって、あなたのこれからしようと思っている行動が理想の到着地点に向かっていくのではないでしょうか。

自分で考え続ける人、すぐ聞く人

こんにちは!

 

今は大学の図書館からブログを書いています。

最近あった事としては、教育関連でアツい人に会ったり、

5月ぐらいからずっとやってる駆け込み相談室を、自分たちで運営するコワーキングスペースで開催するようになったり、就活とかで悩む人が多そうということもあり新しくプロジェクトがはじまったり、、

 

ここ3週間ぐらいは新しい考え方がぶわっと増えました。3週間前の自分はなんであんな事を考えてたんだろう?言ってたんだろう?

っていうのがわからない。。

 

今日は、

自分の考え方に愛着を持つことについて書いてみます。 

 

 

答えを出す事は目的じゃない

 

あなたは、分からない事にぶつかったとき、

答えを出す事は目的にしていますか?

 

スポーツでいうなら、たとえば

テニス初心者で、バックハンドがうまく打てないけど、なぜなのかわからない、とき。

バックハンドの打ち方を研究して、自分なりにやり方を編み出す、みたいな感じです。

 

1ヶ月とか考え続けて、自分なりのやり方を考え出してうまくいきそうでしょうか、、?

その場合、きれいじゃなく独特なフォームだったり結局色んなボールにうまく対応できなかったり、となってしまうかもしれません。

 

長い時間かけて出した答えは、さも正解のように思えてしまうかもしれないし、思いたくなるかもしれない。ただ、問題や問いに対して、それを解決した先に得たいものがあるのなら、間の過程なんてどうでも良い。

 

これが学校のテストなら、答えが用意されていたり、そこにたどり着く事が目的の場合が多いと思います。でも、あなたが抱えている悩みや抱えている問題に対しては、解決した先に何か得たいものがあるはず。

 

人の頭を使うこと

 

100時間、自分の頭だけで考えて答えを出すのと、人に聞いて1時間で答えを出すのと、

どっちが良いでしょうか?

全部自分で考えて答えを出しても良いけど、使える時間は多いに越した事はないです。

 

もし人の力を借りて早く答えがでるのなら、あまった99時間を使って

また違う問いや問題に向き合う事ができますよね。

テニスの例で言えば、バックハンドが苦手なときは、バックハンドが得意な選手に感覚やコツを聞くのがきっと早い。そして、そのほうが試合に勝てる確率はずっと高いはず。

 

答えを見つけるために考えまくるよりかは、

人の頭を借りて、出した答えを正解にすることで、前に前に進んでいくんじゃないかと思います。

 

 

あなたが得たいものはなんですか?

 

あなたが、自力では分からない問題はなんですか?

それを解消して得たいものは何ですか?

 

そういったことがあれば、

ぜひ、それを得ている人、そこに適切に向かっている人のところに行ってみてください。

その人は何を考えて、どんな意図があって、日々の行動をしているのか。

それを知る事によって、あなたの考え方を、

得たいものを得るための考え方に寄せていく事ができるのではないでしょうか。

なぜスタートすることができないのか

おはようございます。

 

久しぶりの投稿。

今朝は8時半から朝活してました。

電車の中でブログを書いています。

 

ここ1,2週間、先輩の家にお世話になっています。

迷惑もかけてるかもしれないけど、今は恩の借金をしてると思いながら

泊まらせてもらって相談に乗ってもらったり語ったりしてます。感謝、、!

感謝だけでなく何かしらのカタチとして返したいから、急がなきゃな、、という感じ。

 

今日は”カタチに残すこと”について考えてみます。 

 

 

いけそうな感覚はある?

 

あなたが今目指しているものだったり、

こんな事をしたいな、とか

こんなものをつくりたいな、とか

色々とありますよね。

 

それを考えて、さらにカタチにするためには、

これならいけそうな気がする!みたいな感覚が大事なんじゃないかと思います。

 

なぜかというと、、

そもそも、

 

できないと思ったらできない。

 

目指しているものを達成できる人はきっと

 

できると思ってチャレンジした人

 

の中にしかいない。

 

以前、お寺の家に生まれたお坊さんがその方の師匠のもとでの修行していた頃の話を聞いたことがあります。

お坊さんの仕事はたくさんあるそうなのですが、その中でも

一人でやるには絶対に無理そうな敷地を5分で掃除せよ、みたいな課題を出されたそうです。

 

あなただったら、それを無理だと捉えますか?

それとも、どうやったらいけるかと考えますか?

 

その方は、最低減きれいにしておかないといけないところを重点的に掃除したり

協力者を募ったり

工夫したそうです。

 

色んなやり方があるけれど、どれが一番、”いけそうか”。

それを選ぶセンスを身につけることができれば、迷わずにGOできるんじゃないかと思います。

 

 

やり方をまねる

 

じゃあ、どうやったらそのセンスが身につくか。

一番手っ取り早いのは真似をすること。

 

中には、発信しているだけの人もいれば、実際に動きカタチにしている人も、色んな人がいますよね。まねるべきは後者の人のやり方。誰を真似るのかを見極めること。

 

例えば、スポーツ教室。水泳とかサッカーとかテニスとか。

全国大会とか世界大会に出場している選手が、独自のフォームとか打法、練習方法を開発して、やっていそうですか、、?

それも多くの場合はできる人の真似から入っているのかなと思います。 

 

もしなかなか一歩踏み出せないことがあれば、それは

“いけそうな感覚”がないからかもしれません。

まずは、一緒にやってみたり真似をしてみるところから。

そこからだんだんと、ワクワク感にも繋がっていくのではないでしょうか。

 

止まってしまいそうなときの考え方

こんにちは!

 

突然ですが、あなたはどんな趣味を持ってますか?

僕は夜とか朝とか、一人でいるときは、よくラジオを聞いてます。

一人暮らししてると家で人の声がないから、何となくでもラジオつけとくと落ち着くんですよね。。オススメのラジオ番組とかあったら教えてもらえると嬉しいです。

 

昨日の夜にラジオを聞いていたら、

「最初から猛烈に頑張って一日も早く夢に近づくんだ」

という言葉が出てきて良いなと思ったので最初に紹介しときます。

 

人間、弱い部分ってたくさんありますよね。止まりそうになったりもするけど、

ここ数ヶ月で大事だなと感じてるのは、

今、この瞬間からがんばること。

いつかやるんじゃなくて今。

今日はそんな事について書いていきます。

 

1時間後からはじめたって良い、、? 

 

あなたは今、何を考えてて何を目指しているのか、意識して考えたりすることはありますか?

たとえば、部活、トレーニング、受験勉強…

何かに打ち込んでいるときは、目指すものが明確で意識的に取り組んでいたのではないでしょうか。頑張ってることが夢とか目標に繋がっているときはそういう感覚なんじゃないかなーと思います。

 

そして、今では他に目指してるものもあるはず。

目指すものに対して、何が必要か、というのもあると思います。

 

そこで、思うのは

今日一日の終わりにやろう、とか

明日の朝からはじめよう、とか

考えていたら、結局どんどんと後回しになってしまうんじゃないか、

ということ。

1時間後にやろう、でさえ1時間後の自分はそれをやっていないかもしれません。

 

 

自分の意思でやっているか微妙だと一概にあてはまるともいえないけど、

学校の宿題で考えるとわかりやすいかもしれません。

 

1時間後から問題集のここをこんだけやろう、と計画を立てる。

でも、それまでの間に別のことをしてしまって結局やらない。

みたいなことはありませんでしたか?

 

将来のことに対してもそう。

 

とりあえず、3年たってから計画立てて頑張ることにしよう、と考えても

3年後にそれをやってるかといわれると、どうか。

はたまた、「10年もすれば、世界を変えられるぐらい成長してるんじゃないか」

という思考だとしたら。そのままでいても10年後に世界を変えることはできるかどうか。

 

なんとなく微妙な気がしませんか、、?

 

優先順位の高いものは何か

 

とはいえ、今真っ先にやるべきことはなかなか見えてこないですよね。

そんなもんなんじゃないかと思います。

そもそも、最初からゴールに対して適切な意思決定ができる人なんてほとんどいない。

 

それでも大事なのはまずゴールに向かってスタートすることだと思います。

まずはやってみること。それで疑問点も明確になるし、わかってる人に聞くことだってできる。

 

たとえ間違っててもやる。

自分の考えられる限界まで考えて

一番必要な事をすぐにやる。

 

そんな風に、何分後かに頑張ろう、ではなくて。

今この瞬間から頑張ることで

夢に近づいたり、変えたいものを変えられるのではないでしょうか。

邪魔だし捨てたいもの

こんにちは!

 

最近では、2,3ヶ月前にお世話になった人とまた会う機会があったり、久しぶりに会う人と銭湯に行ったりしています。そんな感じなので、自分がその間でどんな風に変われたのかな、と振り返っていて、気づいたこと。

 

僕の中で、プライドを持たない、必要ない、と思ってから、プライドを捨てた”つもり”でした、でもプライドは持ちたくないとわかっていても時には、少し勘違いしていたところがあったみたいで…

 

今日は「プライド」について書いていきます。

 

 

あなたはプライドとは何かと言われたら何だと思いますか?

プライドを持つ、プライドが高い、とか言いますよね。

 

一つは、過去に執着することなのかなと思います。

 

長い時間かけて考えたことには愛着がわく

人は、長い時間かけて答えを見出したら、その自分の考えには愛着がわくものかもしれません。やっと見つかったという達成感や、その過程でも「これだけ考えたんだからきっと正解だろう」という気持ちも出てきそう。

 

たとえば、ゲームなら自力で考えまくってクリアしたときは達成感はハンパないですよね。でも、攻略本を買って見てみたら意外と簡単なやり方が実はあったりもする。

あとは、進路とか。大学時代にある分野を専門で勉強してたり、一つのことに打ち込んでいたりすると、活かしたくなりますよね。それがゴールに直結しているのなら、活かせばいい。でももしそうでなかったら新しく方向修正しないといけない。後者の場合、心理的なハードルは多少上がるかもしれません。

 

自分の考えに愛着がわく、というのはそんな感覚かなと思います。要は、過去にこうしてきたから、これをがんばってきたから、を理由に次も同じ意思決定をすること。

 

じゃあ、プライドを持たないということは、

過去に執着しないことなのか。

と考えていくと、それだけではないと思います。

もう一つ大事だと思うのは、未来に目を向けること。

 

間違っていた過去の自分を認めて、いったん否定する。

次に、その後どうするか。ここに意識を集中する。

 

未来に目を向け続ける

ただ、自分を否定することは、結局そのこと自体に満足しているだけかもしれません。必ず、ゴールは何か、ということを見失ってはいけない。未来に目を向けずに、過去を否定してるだけだと、きっとしんどくなります。

 

プロスポーツ選手の試合後のインタビューとかを見ててもそんなことを感じます。たとえ負けたり良いプレーができなかったとしても、そこを認めたうえで考えているのは、次の試合どうするか、何を変えたらどんな風に良くなりそうか、ということ。

 

もし、あなたが、プライドを持たないようにしよう、謙虚でいよう、というところから

過去に執着するようになってしまうときがあれば、

・良くなかった過去の自分を否定すること

・未来に目を向け続けること

これをセットで意識すると、

心のあり方も変わってくるかもしれません。

 

気がつくと複雑に考えてしまうあなたへ

こんにちは!

 

人生山あり谷あり。

うまくいく人もいれば、なかなかうまくいかない人もいます。

 

色んな人と関わるなかで思うこともたくさんあります。

僕はもともと、アドラー心理学やカウンセリングに関心があってメインで勉強していたこともあったので、今日書いていくのは、気持ちを吐き出すことについて。

 

 

しがらみ

あなたは普段、気持ちを吐き出せる場所は持ててますか?

 会社の中とかでためこみすぎてメンタルがやられる、みたいな話はよく聞きますよね。

 

以前、「働き方改革」がテーマのトークイベントに参加してきました。そこで、元Googleの人事の方が登壇されてお話されていたのですが、そこで言っていたのが「日本人ってためこみすぎじゃない?」という話。海外の方からすれば、日本の企業で働くとき、”辛くても辛いといってはいけない”空気を感じるそうで、その感覚がよく分からないそうです。

 

これは会社での話ですが、学生であっても似た状況はあるんじゃないかと思います。サークル、部活、学生団体、他にはインターンでチームを組むときとか。

 

そんな経験はありませんでしたか?人が集まれば集まるほどそういうことってあるのかなと僕は思っています。

 

 

頭の中がごちゃごちゃしてきたら吐き出してみる

 

色んなしがらみがあったり、なぜかためこんでしまう。そういう時は口に出してみる、聞いてもらう、書いてみる。そうすると意外と整理されます。

 

そんなこともなくて、なんかうまくいってそうな人は、きっとシンプルに物事を考えています。たとえば、高校の部活とかで結果を出してる人が複雑に考えてそうでしたか?

全国大会にでよう!みたいなゴールがあってそれに必要なことを純粋にがんばっている。

 

あなたがもし、溜め込んでしまうときがあれば、シンプルに考えられてないだけかもしれません。だったらそれをシンプルにするのは早い方がいいですよね。

 

ただ、本当にやりたいことなら辛いとか感じることもなく行動するっしょ!とも思うので、きっと大事なのはあくまでもバランス。

 

いつも誰かに支えられていて、そんな自分も誰かを支えてて。

そんな風に世の中回ってるんじゃないかなーと思います。

自分らしさって何?あなたは伝えられますか?

こんにちは!

 

昨日は駆け込み相談室で、その中で出たのはストーリーの話。

ストーリー=物語

人生もドラマとか映画みたいなひとつの物語みたいなもの。生きてきた20年ぐらいの中でもめっちゃ嬉しかったことやめっちゃ悲しいこと。色々あったと思います。

 

僕自身、色んな人の人生のストーリーを聞くことがあるんですけど、その人らしさが一番発揮される進み方を支援したい、みたいな気持ちがあります。何でだろう?と考えたときに、ひとつ思うのは、「何もない」をなくしたいから。

 

というわけで、今日は人生のストーリーについて。

 

 

あなたの人生はドラマチックですか?

 

普段、人生を振り返ったりする機会はありますか?小中高大…

もしあんまりなかったらちょっとでも考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客観的に考えたり、一歩引いて見たときに、どれだけドラマチックに感じますか?

振り返ること自体も難しかったりするかもしれませんが、もし今からそのストーリーも上書きされていくとしたら、めちゃくちゃドラマチックな人生と、そうでない人生。どっちを選びたいかと言われると、、?

 

これには良いも悪いもありません。後悔するかしないか、という軸で考えると選びたいのは後者なんじゃないかなと思います。

 

「やらない後悔よりやって後悔しよう」みたいな言葉も聞いたりしますよね。

 

もし、人生を振り返ったときに特に起伏もなく平坦な人生だったら。嬉しいとか、悲しいとか、それ以前に、虚しい、という気持ちになるかもしれません

 

 

レールは自分でつくっていく

 

でも反対に、すごく起伏に富んだ、ドラマチックな人生の人もいます。それってすごく価値あることなんじゃないかと思います。そんな人たちはきっと何か一つに決めてやりきっている人。

大事なのは、その”何か”。

 

 

careersekkei.hatenablog.com

 

で書いてはいるものの、自分だけの何かを見つけるのってなかなか大変だったりします。それを見つけるのは簡単な人もいれば、ちょっと難しかったりかなり難しい人もいる。人によるけど、、。

 

もちろん、失敗しろとか、あえてレールを外れていばらの道に行く事をオススメするわけではないし、人生設計とかはロジカルシンキングで考えていきます。

 

とはいえ、あなたなりの”何か”を見つけて、少しでもドラマチックになった方が面白そうじゃないですか?僕はそんな人が増えたらいいなと思って普段やっていたりします。それに、そこからチャンスに繋がることもあると思う。

 

たとえば、ルフィが無難な航海をしていたら、そのストーリーをもっと知りたい、とならないですよね。大冒険してるからもっと見たいし知りたくなる。だからあなたがこれから出会う人だったり見てくれる人との関係性も変わってくるはず。

 

あなたは今、どんな進み方を選んでいますか?