ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

あなたはどれだけ先を見ていますか?

こんばんは!

 

今日は9時から朝活。午後は主催する企画で梅田へ。

  

今回は、長期的な視点の必要性について。

もし、短期的にやりたい事、得たいことから将来を決めてしまうと、

 

長続きしないワクワクできるかどうかが疑問

といったことがあるんじゃないかと思います。

 

情熱やエネルギーは続く?

長続きしないのは例えば、一夜漬けのテスト勉強のようなもの。

 

誰でも一回ぐらいはテスト直前に一夜漬けするような経験はあると思います。

短期的に良い点をとって満足感は得られますが、しんどいですよね

そのエネルギーがいつまでも続くかどうかというと、、?

 

あとは、例えばそのテストの点が良かったら。

周りから「すごいね」と言われることもあると思います。

でも実際、それがモチベーションとして続くかというとどうでしょうか?

おそらく何かを続けていたら、自分で自分を認められるようになる。

そうすると、誰かに褒めてもらえるようなことがたとえなかったとしても

続けられるんじゃないかと思います。

 

僕の場合は、頭の良し悪しよりかは、どれだけ人に貢献できているか、が自分の中の大きな評価軸でした。なので、例えば勉強で人から褒められたとしても自信にはつながらなかった。。

 

きっと人が褒めてくれるから、というのは短期的。

考えるべきは本当に10年、20年でも続けられるものかどうか。

  

ワクワク感はあるか

 

短期的に得られるものに対してワクワクできるのかというとどうでしょうか。

例えば、「美味しいお寿司が食べたい。」

確かに、値段の高いお寿司は食べてみたいとか思いますが、

アルバイトでちょっとお金をためればすぐにでも達成できる。

 

達成するまでの道のりが遠かったり壁が大きなものほど、

そこまでの過程にはワクワクできるのと思うし、時間をかけないと手に入らないものに人は心惹かれるものなんじゃないかと思います。

 

まとめ

本当にやりたい事なら、10年、20年でも続くはず。

そして、ワクワクできるものを目指すこと。

 

もし「これ!」というものがまだ見つかっていなかったら、短期的か長期的かという視点で、今目指そうとしているものを改めて考えてみる時間をとってみたり、誰かに話をしてみることがオススメです。

あれもこれも、となってしまう人へ

こんばんは!

最近は自分の周りで頑張っている人の考えや習慣を聞くことを意識していたりします。

人はきっと、普段一緒にいる人、話をする人の思考に似てくるもの。

 

どんなことを習慣づけているか。そんな話を周りの人としてみても面白いかもしれないですね!

 

今日は、何か一つ、目指すべきものを決めていききることについて書いていきます。

 

決断することは、何かを選んで何かを捨てること

 

「決断」とは、何かを決めて何かを断つこと

同時に何もかも手に入れようとしてもきっとうまくいかない。

 

高校時代、どんな部活に入っていましたか?

兼部していた人もいるかもしれませんが、

特にスポーツ系なら何か一つに絞っていたんじゃないかと思います。

サッカーもテニスも同時にやって、どちらも全国大会を目指そうとする人はそうそういないですよね。

 

何かでいくと決めることは、別の何かでいかないと決めることでもある。

 

 

保障をとるか、チャレンジをとるか

 

やったことの無いことに対しては、必ず不安がついてきますよね。

初めてアルバイトするときとか、初めて海外に行くときとか。

 

人生で何か一つ、目指すものを決めるとしたら、それはおそらくやったことの無いことだと思います。実現できる保障なんて何もない。うまくいかない可能性だってある。

 

そんな中で、

将来の保障をとるか、チャレンジすることをとるか。

その2択で後者を選べるかどうかは、それに対する本気度や、心からやりたい事なのかどうかなどにつながってくると思います。

これは最近、人と話をしていてすごく思うこと。

 

もしうまくいかなかったら、、なんて考えようと思えばいくらでも考えられる。

「それでもやっぱりこれでいこう」ぐらいになれば

それはきっと本当に目指したいもの。

 

目指すものを絞って他を捨てられる人は強い。

もしそれができているのなら大丈夫。

できてなかったら小さな事から一歩ずつ。

まずはその習慣をつけていくと良いかもしれません。

自分にはできないと、あきらめてしまうことはありませんか?

こんにちは!

ずいぶんとブログを書いていませんでした。。

 

このブログをはじめたとき、思っていたことは

「自分が毎日成長し続ければ、そのたびに気づいたことを書けるはず!」

 

でも、なかなか、言語化することが難しかったです。

それは、僕の努力、行動量がまだまだ足りないのかもしれない。

とはいえ、あきらめたら何でも終わり。

あきらめる癖もつけたくない。

と、いうことで、

ここでまた再開します。

ぼちぼち書いていこうと思います

 

ひとまず、最近を振り返ってみる。

この2週間。人生設計のブラッシュアップ。教育がテーマの勉強会。

毎週水曜日はキッカケを提供する駆け込み相談室。

あと周りの人が少しでも前に進めるようにと関わったり。

人と人を繋いだら新しい企画が生まれそうでワクワクしたり。

 

調子が良い日もあれば、もっとできたんじゃないかと悔しくてたまらない日もあるけど

未来は自分次第だと毎日思います。

 

今日は「自由」について。

 

もちろん、人道に反することは良くないけど、

人はみな、何をするかは基本的に自由だと思う。

なぜなら正解、不正解は目的によって変わっていくし、何をするとしてもそれは自分の選択だと考えているから。

  

正解、不正解はない

 

例えば、高校生ならよく聞くかもしれない、

「勉強ができなければいけない。」

これはどうでしょうか?

必ずしもそんなこと無いですよね。

 

僕は昔、住み込みのアルバイトで音楽フェスのスタッフをしていたことがあります。その当時、思っていたのは、将来や人に評価されることに対して大事なのは、勉強、スポーツ、ができることで、それが正解のように思い込んでいました。なので、ずっとその二つに絞って頑張っていたのですが、そのフェスのバイト中で考え方が変わりました。同じ部屋になった内の一人に30代でデザイナーの仕事をされている方がいました。その人はとにかく面白かった。周りのバイトスタッフを喜ばせるのがうまくて、その人と一緒にいると、勉強ができたところで何になるんだろう?と感じました。むしろ、人を喜ばせたりするほうがずっと大事なんじゃないかと思うようになったのは、その時からです。

 

将来的にどんな能力が必要なのかにしても、

正解、不正解は、何をするかによって変わりますよね。

本当に語学だけ?営業力だけ?パッションだけ?みたいな感じです。

 

次はもっと単純に考えてみます。例えばこんな計算。

1+1=2

確かにこれは正解。でも、逆算して考えると?

2=1+1

本当にそれだけ?

こんな風に他にもあります。

2=4-2

2=1×2

2=-10+12

 

現実では答えが一つではない問いがたくさんあると思うので、

だからこそ、目的・ゴールがないと頭の中もきっとごちゃごちゃしてしまう。

  

全て自分の選択

 

そして、誰だって何をするかは自分で選択している。

あなたが今日、何を食べて、誰と話をして、どこに行くのか、もそう。

 

一見、自分以外の誰かに選択をゆだねているときでさえ

「自分以外の誰かや何かに選択をゆだねる」という選択だと思います。

どんな結果が待っていても、それは自分の選択した行動した先の結果。

 

そう考えると、

自分の将来のゴールに近づくも近づかないも、全て自分次第

人生が終わる日が来たときにどうなっているかも自分次第。

 

例えば、こんな状況だとあなたはどうしますか?

「今あなたに1万円を渡します。それは1日自由に使って良い。ただ、1日後に余った分があれば返してください」

 

…そうなったらきっと使い道をしっかり考えますよね。

欲しかったものを買うかもしれないし、誰かにプレゼントを買ってあげるかもしれない。

 

これは、時間も一緒。何もしなくてもなくなっていく。戻ってこない。

 

最近本当に思うのは、今生きている時間はもう二度と戻ってこないということ。

これを読んでくれているあなたもぜひ、考えてみてください。何を選択をしているか、本当にそれで良いのか、何を選べば前に進むのか。

 

 

後悔のないようにいきたいですよね。

僕も頑張ります。

あなたの満足する大きさは?

 

おはようございます。

 

8月。毎日暑いですね。。

僕は、服のレパートリーがそんなにあるわけではないので、洗濯する頻度が増えて

なかなか大変です。。

 

今日はやりたい事の大きさと準備について、考えていきます。

 

あなたが将来やりたい事は、どんな規模ですか?

ある地域でまちづくり、日本、世界…。地球、なんていう人もいるかもしれません。

何をしたいかは、人それぞれ自由。でも、その規模や大きさは決めておいたほうが良いかもしれません。

なぜかというと、それによって準備が変わるから。

 

準備って何?

 

そもそも準備とは。

スポーツで考えるとわかりやすいです。地区大会なのか、全国大会なのか。それによって練習量だったり練習の質、身につけるスキルが変わってきますよね。

夏の大会に向けて、とか、来年のインターハイに向けて、とか。

どんな練習をしなきゃいけない、どれだけトレーニングして筋力や体力を高めないといけない、とか考えると思います。高校時代、野球部に入ってる友達はやたら筋肉のことに詳しくて、○○筋を鍛えるのは、こんな姿勢でこうして…とよく言っていました。種目によって必要な筋肉も違います。 

そして試合当日、もそうですが、きっと試合までにしてきた準備がとても大切。 

 

 

どのレベルなら満足できるか

 

あなたは、どのレベルでやりたい事をしていきたいですか?

どんな期限を設けて、どんなスピードで進むか。

それこそ、昨日の記事で書いたように(3年後のあなたは何をしていますか? - ココロの拠り所)想像力を働かせて、

3年後、5年後、10年後…。

そのときのあなたは、どのレベルでやりたい事を実現していたら満足ですか?

 

それを決めた上で、もちろん早く実現するに越したことはないですよね。

猛スピードで早め早めに実現していこうと動くのもありだと思うし、余裕を持って動いて確実に実現するのもありだと思います。

 

僕の場合は、猛スピードで動くタイプになりたいけど、元々遅い方なのでギャップを感じることも多々ある。そんな時はいつも過去の悔しい気持ちを思い出しています。

例えば、高校の頃は、物理で40点ぐらいしかとれなかったことがあって、悔しかったので、そのテストを部屋に貼ってずっと見て、90点ぐらいに上げたりとか。そんなやり方をしてました。人それぞれタイプがあると思うので、自分にあったやり方を探すのが良いんじゃないかと思います。

 

 

まとめ

 

今までそうだったように、これからも準備が大切。

準備しなきゃいけないことは、将来やりたいことに限らずとも色んな場面であると思います。

その準備の内容として、スピードや、質、必要なスキルなど。

そこが左右されるからこそ、やりたい事の規模を考えておくと、後悔しない進み方ができるのではないでしょうか。

3年後のあなたは何をしていますか?

こんにちは!

 

大学生はそろそろテストも終わり、夏休みですね。

今日は想像力について書いていきます。

テスト大丈夫だったかな、夏はどこに行こうかな、帰省したら何しよう?、とか色々と想像してるかもしれません。そんな風に、想像を膨らます、とか、今無いものを具体的に考える力、が想像力だとして捉えてます。

 

あなたは想像力を働かせるのは得意ですか?

 

イメージしたものをカタチにするために、想像力は大きな助けになるんじゃないかと思います。逆に、想像力が無ければ理由の無い不安に駆られてしまうかも。

 

もし、まったくイメージしていなかったら、、? 

もし想像力を働かせる、ということをしなかったら。仮に、うまくいって、実現したときに、「いや、得たいものとは、何か違った。。」となるかもしれません。または、途中で物理的に無理な壁にぶつかるかもしれません。その実現しようとしていることは、もしかしたら、100メートルを5秒で走る!ぐらいのレベルかもしれない。そして、そこを目指すまでの過程は、理由の無い不安に駆られてしまうのではないでしょうか。

 

イメージをカタチにするってそもそもどういうこと?

 

何かしらの行動に移して、イメージしているものを現実にしていくこと。

例えば、スポーツなら試合前にイメージトレーニングをしたり、受験生なら志望校のキャンパスを見に行って大学生活をイメージしたり。そんな風に、何か目指しているものを達成した後の姿を想像することはあなたも経験していると思います。

 

他には、僕が聞いた実話で、「なるほど!」と思ったのが、とある柔道日本代表選手の話。その選手は日本代表の候補の中でも下のほうにいたそうです。体が硬かったり、センスが無い方で、弱点も多かった。でも、めちゃくちゃ努力家でとにかくオリンピックで金メダルをとりたいんだという強い気持ちがあった。その選手は、金メダルをとって勝つだけじゃなくて、地元で柔道場を開いて子どもたちに柔道を教えたい。自分なりの哲学を貫けば世界一にもなれることを伝えたい、という夢を持っていました。それをイメージしてから2年半後。オリンピックの決勝まで勝ち進み、最後の試合では「そんなの柔道じゃない」と言われても、その独自のスタイルを貫いて世界一になった。

というような話です。

 

スケールが大きいにしろ、小さいにしろ、その先にどうなっていたいか。これが大事なんだと思います。

 

 

未来に対して、想像力を働かせること

 

自分が目指しているものの先にどんな景色が待っているかイメージする。

そして、実際にそこに到達したらそれがより具体的になっていく。

到達したからこそできること、というのもきっと増えてくると思います。

 

あなたはどんな未来をイメージしてますか?

想像すること自体は数分でもできるので、お昼だったりちょっとの時間で、また少し考えてみると良いのではないでしょうか。

四六時中考えられるものはありますか?理想も現実もバランスよく

こんばんは。

 

最近、主にしているのは、やりたい事を見つけるサポートや、やりたい事についてリアルに考えるキッカケづくり。あとは、将来的に方向性が近い人と会ったりもするので、ご飯に行って語ったり。

その中でこれはやっぱりやりたい事だな、とかこんな風にするともっと良くなりそうだな、とか考えたりします。誰でもそうだと思いますが、人って考えることも年々変わるものですね。

というわけで一日中何を考えているのか、というところから理想と現実のバランスをテーマに今日は書いていきます。

 

あなたは一日の中でどんなことを考えていますか?

 

朝起きたとき、夜寝るとき。歩いてるとき。

今だったら学校のテストのこと、単位のこと、夏休みのこと、かもしれません。

1日の中で色んなことを考えますよね。考えない時間もあるだろうし。

その中で、あなたはどれぐらい将来のことについて考えていますか?

 

僕の場合、大学1,2回生ぐらいの頃は、今みたいにテスト時期になれば、テストのこと。

「単位取れるかな」「レポート課題もやらなきゃ」、とか。夏休みなら、

「アルバイトしながら成長できそうなもの無いかな」

とか。

なんとなく、「資格の勉強をしておこう」とか。

そもそも将来について考えたところで何か答えが出るとも思えませんでした。

 

要は、将来のことを四六時中、考えることってあんまり無かったんです。

そしてそのときは本当にやりたい事が見つかっていなかったしぼんやりしていた。

 

本当にやりたい事なら四六時中でも考えられる

 

でも、四六時中でも考えられるし、苦でないものが、本当にやりたい事なんじゃないかと思います。

例えば、あなたは過去にどんなものにはまっていましたか?何か一つのスポーツだったり、映画や漫画、音楽かもしれません。それに打ち込んでるとき、それをやってる最中だったら、そのことばっかり考えられますよね。同じように、四六時中考えることができて、しかも10年でも20年でも続けられるのなら…? それに越したことは無いはず。本当にやりたい事ってそういうものだと思います。

 

やりたい事や夢はそんな風に考え続けられるものだと思います。ただ、将来のことを考えて語って、それだけで終わったら絶対に後悔するというのが自論。

夢を語って近づいてる気になってるだけなら意味が無い、、とここからは自戒をこめて、自分に言い聞かせるように、少し追加で書いていきます。

 

 

理想論だけでなくて事実も捉えること

 

 

少なくとも大きなゴールや中間のゴールを決めていたら達成できているのかできていないのか、という事実がうまれますよね。そこでうまくいっていたらひたすら続けるし、うまくいってなかったら「全然実現できてない…」とギャップに絶望するかもしれない。

 

でも、今までもそういうことはあったはず。例えば、あなたが高校受験や大学受験をするとき。受験日までに小テストや模試を受けて自分のレベルは確認してたのではないでしょうか。途中でどれだけ落ち込んだとしても、最終的に第一志望の学校に受かれば結果オーライ。最終的にハッピーですよね。

 

だから行動して現実は見続けたい。もしかしたらゴールまでの距離が遠すぎて、絶望することになるかもしれないけど。それはそれで悪くないんじゃないかと思います。むしろ頑張れるし、距離が測れればあとはやるだけ。やりたい事はどうせなら実現したいですよね。

 

 

まとめ

 

あなたが考えている将来やりたい事は、四六時中考えられるものですか?

現状とはどれぐらい差がありますか?

 

本当にやりたい事なら、ずっと頭の中にあって、同時に現実とのギャップがずっと感じられるかもしれません。そんなときは理想も現実もバランスよく考えてみるといくらか気も楽になるのではないでしょうか。

「これだ!」という自分に出会うまで

こんにちは!

 

最近ブログを書く時間が遅くなってしまい、気づいたら意識がなくなって夜中か朝になってしまいます。。ここ一週間、ずっと床で寝ている。。

「夜にざっくりまとめて朝に書けば良いのに、、」と自分でいつも思いながらなかなかできず、リズムをつくれない。

 

悔しい。

 

とか思いながら今回は一昨日の出来事を思い出しながら、書いていきます。

この前の水曜日は毎週やっている駆け込み相談室。色んな人のモヤモヤを聞いたりします。(もちろん、別に明確なモヤモヤでなくたって良い)

そこで、僕が人生で本当にやりたい事は何かと考え始めた2年前。こんなものがあったら良かったなというのも考えるので、結構昔の自分を思い出したりします。そこで感じたこと。

 

今の自分にしっくりきてますか?

 

ということ。今日のテーマは「自分を飾ること」について。

 

飾らない自分が良い。…ホントに?

 

あなたは、今の自分にしっくりきてますか?

よく、飾らない自分でいたい、とかありのまま、とかそういうものに価値を感じる人って多いと思います。でも、そもそも自分を飾るってどういうことなんだろう?自分を偽ること?

 

とはいえ、色んな自分がいるのもまた普通なことだと思います。

あなたが、両親と話してるときの自分、おじいちゃんおばあちゃんと話してるときの自分、友達といるとき、先輩といるとき、先生といるとき。のんびりしてるとき、急いでるときの自分。いつも同じでしょうか、、?

スポーツの試合になると人格変わる、なんて人もいますよね。

 

自分の中での理想の自分がぼんやりしてるのなら、むしろ飾っちゃえば良いんじゃないかと思います。

 

変化は悪いことじゃない

 

大学デビューだ!といって高校から大学に入ったらイメチェンしようと意気込む場合もあると思います。でも、あなたが、高校時代。何かの節目でもないのに金髪にしてみたりいつもと違う空気を出してみたり、はしずらいかもしれません。人によるとは思うけど。

でもそれは、周りの環境しだい。何か変わりたかったら、変化を受け入れてくれる環境に行けば良い。

 

しっくりこないのなら探した方が良い

 

理想の自分が見つからないのなら、飾らない自分でいようと頑張るより、いっそ、自分を色々と飾ってみて、しっくりくるものを探すのもありではないでしょうか。前々回のブログ、言葉はブーメラン - ココロの拠り所

では"言葉はブーメランみたいに返ってくる"ということを書きましたが、同じように、"どんな自分を出しているか"もブーメランみたいに返ってくるんじゃないかと思います。

 

その中で、これが良い、あれが良い、としている内にしっくりくるものが見つかるかもしれません。自分で探すのがしんどかったら誰かと一緒に探したって良い。

 

 

あなたはどんな自分になりたいですか?