ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

やりたい事が近い人は自然と集まる

おはようございます

 

今日は7時に起きて、今このブログを書いてます。

昨日は5時寝の9時起床だったので、それに比べればだいぶ健康的です。

と思っていたら今朝読んでいたニュースに睡眠不足で低下した認知能力は3日戻らない

という記事を見て、少し恐ろしくなりました。。

睡眠は大切ですね。。

 

昨日は、毎週やっている「駆け込み相談室」の企画の第3回目でした。

駆け込み相談室とは→

 

…とリンクを出したいのですが、今サイトをつくっているところなので

しばしお待ちください!

 

その中で

運営している3人で理念を話させてもらいました。

そこで思ったこと。

 

「あれ?やっぱりやりたい事がめっちゃ近い」

過去の背景や、将来のビジョン、はバラバラでも、

軸はとても近い。

 

ということで、今日は

「やりたい事が近い人は自然と集まる」

ということについて書いていきます。

 

あなたの周りに”仲間”はいますか?

 

僕は友達と仲間は違うと思ってます。

将来何がしたくて、今何でつまづいてて、どう頑張ってて…

みたいな”アツい”話はしにくくないですか?

 

でも、心の中では、将来やりたいことを考えたいし、

見つかってないからこそモヤモヤしていたら…?

そんなときに必要なのは、友達ではなく仲間だと思います。

 

別にやりたい事がなかったとしても、

見つけたい、という想いがあればアツく語ることは出来る。

 

大切なのは発信すること

 

まずは発信することから。

そこからだんだん人を巻き込める

 

例えば、小学校の昼休み。

巻き込んでいる子がクラスに1人、2人いませんでしたか?

 

あなたはどんなポジションでしたか?

自分は巻き込まれるタイプだったなあ…

 

そんなとき、

ドッジボールやろー!と言えば

俺もやる!わたしも!

みたいなイメージ。

 

大学生、社会人、となっていくと

やっていくうちに発信しているビジョンが人を巻き込めるものなのか

それともまだ何か足りないのか

 

そんな壁がでてくるかもしれませんが、

そのたびにまた解決していけば良いだけ。

 

僕も、

駆け込み相談室を一緒にさせてもらえるようになった先輩2人がいるのですが、

それもお互いが発信していて

「あいつはこれがしたい」のような共通認識があったから

こうして今やれているのだと思います。

発信してて良かった!

 

最近、良い言い方はないかな

と思ってたのですが昨日はワンピースでたとえて話をしていたら

思った以上に反応が良かったです!

 

めちゃくちゃシンプルに言うと、

シャンクスをたくさんつくりたい!

なんとなく伝わりますか?

 

この話もまたいつかブログに書こうかな…

 

ではまた!