ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

夢は”見つけなければいけない”もの?

おはようございます!

 

昨日は水曜日。毎週やっている「駆け込み相談室」の第4回目でした!

色んな人が来てくれるので、そのたびに悩みの 段階も質も違うこと感じます。

 

そんな中で感じること。夢に向かっているはずなのに、

嫌々行動してしまっている人がいる。

ということで、今回のテーマは「義務感」について。

 

夢を見つけることは義務なのか

 

 

夢を見つけることって義務?

という問いに対して書いていきたいと思います。

 

あなたはどう思いますか?

 

…まあ、決してそんなことは無いと思います

でも義務感を感じる経験をした人はいるのではないでしょうか。

 

例えば、環境が変わるタイミング

 

・特に高校から大学

・大学から社会人

 

中学までは義務教育なので、地元の小学校、中学校に行く人が多いと思いますが、

高校や大学はもっと考えますよね。専門学校の道を選ぶ人もいれば、就職する人もいると思います。

そのとき、学校の先生や周りの人からゴールは何か、と問われるのではないでしょうか?

 

高校卒業後の進路選択

どの学校に行きたいの?その理由は?

…進む方向とその目的、理由

 

学生から社会人(就職活動)

どんな社会人になりたいの?会社でどんな働きをしていきたいの?

どうしてそう思ったの?将来のビジョンは?

…進む方向とその目的、理由

 

そうしたことは外的要因だからこそ、このタイミングで多分ほとんどの人が自分のものさしでゴールをつくることを考えるのではないでしょうか

 

 

それはもちろん大切なこと。

でも、それにとらわれて変な方向にいってしまうことが時にはあるかもしれない

そして、それは少し違うんじゃないかと思います。

 

どういうことかというと、

しっかりと腑に落ちていない、半ば無理矢理つくったゴールのまま

「ゴールを決めたんだから、行動しなきゃ」という考え。

 

それでは、

どうしてこれをやっているんだろう?

本当にこれをやっていたら幸せに近づくんだろうか?

 

悩むだろうし、どこかでぶれてしまうかもしれない

 

そんな中で嫌々行動する夢なんて夢じゃないと思ってしまいます。

 

~~しなければいけない

~~するべき

 

それが本当に大切なものだということが明らかだったら良いのだけれど

そもそもその目指しているゴール、ビジョンにワクワクできなければ、

その過程を自分から行動して埋めていくことはしたいと思えないかもしれない。

 

例えば、あなたがマラソンをこれからするとして、

「理由は無いけど、とにかく、42.195km、走ろう!

よっしゃ!何のためだからわからないけど走る!!」

なら問題なし。だけど厳しかったら…?

 

自分の場合、何のために走るのかを初めに決めたいです。

 

ダイエットしたいのか

体力をつけたいのか

走りきったという自信をつけたいのか

 

スタートを切ってしまったのなら走りながらでも、目的を考えることはできるはず。

 

ゴールはきっとワクワクするもの

 

ワクワクできるゴールを見つけることには

たとえ1,2年かかったとしても、それを見つけることに価値があると思います。

  

 

あなたが今描いているゴールにはワクワク出来ますか?