ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

変えていきたい、、!

こんにちは!

 

今日で6月も終わり、明日から7月。

大学では前期テストが迫ってきましたね…

 

今までの経験で思うことは、焦っても仕方がない!

先輩からもらったアドバイスで「焦ることと急ぐことは違う」

という考え方があり、確かにそうだなあと思っています。

人生は生き急いでるぐらいが良いのかも。

 

 

今日は「変化すること」をテーマに書いていきます。

 

あなたにとって「変化すること」は怖いことですか?

 

変化とは何かというと、例えば、

いつもは行かない場所に行ってみたり、

いつもは言わないことを言ってみたり。

違う行動をとったり違う考え方をすること。

 

僕はいまは逆に感じていて、むしろ

変化しないことが怖い。

 

もっと細かく言うと、

昨日よりも何も変化しないことが怖い。

 

でも

「変わりたいけど、変わりたくない」

「変わるのが怖い、、!」

と思っていたときもありました。。

 

と、いうことで今回は

なぜ変化が怖いと感じてしまうのか?

について書いていきます

 

そもそも…

 

そもそも、現状維持ってやっぱりすごく楽。

 

例えば、アルバイト。

慣れてくると仕事はこなせるようになるし

何より、だんだんと居心地が良くなっていきます。

飲食系だったらキッチンからホールスタッフ、塾講師系だったら中学生から高校生、

のように、仕事の質が変わるとそれなりに大変さはありますね。

 

他には、中学・高校時代のクラスとか。

あなたにとって良いクラスに当たったら

クラス替えしたくないと多少なりとも思うはず。

 

 どう転ぶか分からない

 

では、現状維持ではなくて、

何かしらの変化が起きるとき、

 

それが怖いと思ってしまうのは、シンプル。

マイナスな方向に行く、失敗する、可能性を考えてしまうから

ではないでしょうか。

  

こんな風にも考えられると思います。

何もしなければ、1年後、3年後、10年後も今と同じ。

変われる確率は0%。

 

あなたの今は最高の状態ですか?

そんなことはないと思います。

もっと良くなれる余地は残っているはず。

 

僕たちから見て

あの人すごい!

と思う人、尊敬する人だってきっと満足していない。

身近にいるすごい先輩でも、

活躍しているスポーツ選手でも、

そう。きっと一つの目標をクリアしたらすぐに次の目標を見ています。

 

一番、理想の状態があったとして、

何かをすれば、それを達成できる確率が0%だったとしても1でも2でもあがるかもしれない。

失敗したとしてもその次に10とか20あがるかもしれない。

 

つまり、

理想の状態に近づくかどうか、ではなくて

失敗する方だけを考えてしまうことが

 

変化することを怖くしているのではないでしょうか。

 

まとめ

 

変化を恐れてしまうのは失敗のことだけを考えてしまうから!

 

オススメなのは、山登りのようなイメージ。

上れば上るほど景色は変わるし、

新しい道が見えてくるかもしれないですよね。

 

本当は見れるはずの景色が見れなかったり、

道を見つけられなかったら

そっちのほうが怖い。。

 

ちょっと前の自分と比較して、

昨日より今日、今日より明日、

何か違う変化をつくることで、新しい景色が見えるのではないでしょうか。