ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

追い込まれる経験をしたい、、!

こんばんは!

 

朝からバタバタしていたら、もうこんな時間。。

今日の学びや気付きはまた明日のブログに持ち越します。

 

今回は昨日の続き。追い込み方について。

 

追い込むと良い、というのはどこかで聞いたことのある言葉だと思います。

あなたも何かしらそういう経験をしてきたのではないでしょうか。とはいえ、何でもかんでも追い込んだら良いのかと言うと、そうではない気がしますよね。

 

大切なのは、

追い込んだ先にどうなっていたいか。

 

ただ、がむしゃらにやるだけ

 

例えば、理由も無く激務をこなしていたら。

それは膨大な事務作業かもしれないし、拘束時間の長い仕事かもしれません。

これだけやっているんだから、きっと何かがあるはず、、!

そう思うかもしれません。少なくとも僕はそういう経験があります。。

でも、結果として何が実現できるかは別の話。

 

勉強にしても、量をこなすと、満足感は得られますよね。これも同じで、それとテストの点数が結びつくかはまた別物。得たいものが勉強したという満足感だったり、良く勉強してるね、という他者からの言葉だったら良いと思います。

でも本当にそれが欲しいかというと、、?

そうではないですよね。

 

自分を追い込んで、その先に自分の限界を上げていきたいという目的があるのなら

そのための行動をしないと本末転倒。

目的意識を持って、限界よりもちょっと上のことをしていくこと。 

これが大事だと思います。そして、どうすれば100%以上を出しきることができるのか。それを自分なりに考え実践していくこと。

 

 

必要な能力は何?

 

これは昨日書いた記事。

あなたは将来どんな失敗をしますか? - ココロの拠り所

ここまで書いてきたのは、つまるところ、能力をどう高めるか、という話。では、あなたが将来やりたい事に対して、”本当に”必要となる能力はなんですか?

 

これは僕の体験談ですが、大学3回生ぐらいの頃。追い込みまくっていたことがありました。それで何が身についたかと言われても、

せいぜい、「ストレス耐性が上がりました!」

ぐらいしか答えられません。。

なぜなら、それが自分のやりたい事に直結するものではなかったから。

(最近では、そういうことも無く、むしろ追い込まれたい派)

 

例えば、野球で甲子園を目指すのなら。

そのために1000本ノックをすることは、きついかもしれないけど、苦ではないはず。

でも、サッカーで全国大会を目指す人が、1000本ノックをしたところで、

苦でしかないですよね。。

 

そんな風に

自分を追い込んで何かをしていきたい、というのなら、

目指すものに対して必要なものを得ていくことが大切。

 

修行期間はきっと資産になる

 

まずは、あなたのやりたい事には、どんな能力が必要か。

それに対してちょっと限界を超えるような挑戦をすると、

新しい景色が見えたり、

改善すべき問題点が見つかる。

そして、その積み重ねが資産になっていくのではないでしょうか。