ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

自分にはできないと、あきらめてしまうことはありませんか?

こんにちは!

ずいぶんとブログを書いていませんでした。。

 

このブログをはじめたとき、思っていたことは

「自分が毎日成長し続ければ、そのたびに気づいたことを書けるはず!」

 

でも、なかなか、言語化することが難しかったです。

それは、僕の努力、行動量がまだまだ足りないのかもしれない。

とはいえ、あきらめたら何でも終わり。

あきらめる癖もつけたくない。

と、いうことで、

ここでまた再開します。

ぼちぼち書いていこうと思います

 

ひとまず、最近を振り返ってみる。

この2週間。人生設計のブラッシュアップ。教育がテーマの勉強会。

毎週水曜日はキッカケを提供する駆け込み相談室。

あと周りの人が少しでも前に進めるようにと関わったり。

人と人を繋いだら新しい企画が生まれそうでワクワクしたり。

 

調子が良い日もあれば、もっとできたんじゃないかと悔しくてたまらない日もあるけど

未来は自分次第だと毎日思います。

 

今日は「自由」について。

 

もちろん、人道に反することは良くないけど、

人はみな、何をするかは基本的に自由だと思う。

なぜなら正解、不正解は目的によって変わっていくし、何をするとしてもそれは自分の選択だと考えているから。

  

正解、不正解はない

 

例えば、高校生ならよく聞くかもしれない、

「勉強ができなければいけない。」

これはどうでしょうか?

必ずしもそんなこと無いですよね。

 

僕は昔、住み込みのアルバイトで音楽フェスのスタッフをしていたことがあります。その当時、思っていたのは、将来や人に評価されることに対して大事なのは、勉強、スポーツ、ができることで、それが正解のように思い込んでいました。なので、ずっとその二つに絞って頑張っていたのですが、そのフェスのバイト中で考え方が変わりました。同じ部屋になった内の一人に30代でデザイナーの仕事をされている方がいました。その人はとにかく面白かった。周りのバイトスタッフを喜ばせるのがうまくて、その人と一緒にいると、勉強ができたところで何になるんだろう?と感じました。むしろ、人を喜ばせたりするほうがずっと大事なんじゃないかと思うようになったのは、その時からです。

 

将来的にどんな能力が必要なのかにしても、

正解、不正解は、何をするかによって変わりますよね。

本当に語学だけ?営業力だけ?パッションだけ?みたいな感じです。

 

次はもっと単純に考えてみます。例えばこんな計算。

1+1=2

確かにこれは正解。でも、逆算して考えると?

2=1+1

本当にそれだけ?

こんな風に他にもあります。

2=4-2

2=1×2

2=-10+12

 

現実では答えが一つではない問いがたくさんあると思うので、

だからこそ、目的・ゴールがないと頭の中もきっとごちゃごちゃしてしまう。

  

全て自分の選択

 

そして、誰だって何をするかは自分で選択している。

あなたが今日、何を食べて、誰と話をして、どこに行くのか、もそう。

 

一見、自分以外の誰かに選択をゆだねているときでさえ

「自分以外の誰かや何かに選択をゆだねる」という選択だと思います。

どんな結果が待っていても、それは自分の選択した行動した先の結果。

 

そう考えると、

自分の将来のゴールに近づくも近づかないも、全て自分次第

人生が終わる日が来たときにどうなっているかも自分次第。

 

例えば、こんな状況だとあなたはどうしますか?

「今あなたに1万円を渡します。それは1日自由に使って良い。ただ、1日後に余った分があれば返してください」

 

…そうなったらきっと使い道をしっかり考えますよね。

欲しかったものを買うかもしれないし、誰かにプレゼントを買ってあげるかもしれない。

 

これは、時間も一緒。何もしなくてもなくなっていく。戻ってこない。

 

最近本当に思うのは、今生きている時間はもう二度と戻ってこないということ。

これを読んでくれているあなたもぜひ、考えてみてください。何を選択をしているか、本当にそれで良いのか、何を選べば前に進むのか。

 

 

後悔のないようにいきたいですよね。

僕も頑張ります。