ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

自分らしさって何?あなたは伝えられますか?

こんにちは!

 

昨日は駆け込み相談室で、その中で出たのはストーリーの話。

ストーリー=物語

人生もドラマとか映画みたいなひとつの物語みたいなもの。生きてきた20年ぐらいの中でもめっちゃ嬉しかったことやめっちゃ悲しいこと。色々あったと思います。

 

僕自身、色んな人の人生のストーリーを聞くことがあるんですけど、その人らしさが一番発揮される進み方を支援したい、みたいな気持ちがあります。何でだろう?と考えたときに、ひとつ思うのは、「何もない」をなくしたいから。

 

というわけで、今日は人生のストーリーについて。

 

 

あなたの人生はドラマチックですか?

 

普段、人生を振り返ったりする機会はありますか?小中高大…

もしあんまりなかったらちょっとでも考えてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客観的に考えたり、一歩引いて見たときに、どれだけドラマチックに感じますか?

振り返ること自体も難しかったりするかもしれませんが、もし今からそのストーリーも上書きされていくとしたら、めちゃくちゃドラマチックな人生と、そうでない人生。どっちを選びたいかと言われると、、?

 

これには良いも悪いもありません。後悔するかしないか、という軸で考えると選びたいのは後者なんじゃないかなと思います。

 

「やらない後悔よりやって後悔しよう」みたいな言葉も聞いたりしますよね。

 

もし、人生を振り返ったときに特に起伏もなく平坦な人生だったら。嬉しいとか、悲しいとか、それ以前に、虚しい、という気持ちになるかもしれません

 

 

レールは自分でつくっていく

 

でも反対に、すごく起伏に富んだ、ドラマチックな人生の人もいます。それってすごく価値あることなんじゃないかと思います。そんな人たちはきっと何か一つに決めてやりきっている人。

大事なのは、その”何か”。

 

 

careersekkei.hatenablog.com

 

で書いてはいるものの、自分だけの何かを見つけるのってなかなか大変だったりします。それを見つけるのは簡単な人もいれば、ちょっと難しかったりかなり難しい人もいる。人によるけど、、。

 

もちろん、失敗しろとか、あえてレールを外れていばらの道に行く事をオススメするわけではないし、人生設計とかはロジカルシンキングで考えていきます。

 

とはいえ、あなたなりの”何か”を見つけて、少しでもドラマチックになった方が面白そうじゃないですか?僕はそんな人が増えたらいいなと思って普段やっていたりします。それに、そこからチャンスに繋がることもあると思う。

 

たとえば、ルフィが無難な航海をしていたら、そのストーリーをもっと知りたい、とならないですよね。大冒険してるからもっと見たいし知りたくなる。だからあなたがこれから出会う人だったり見てくれる人との関係性も変わってくるはず。

 

あなたは今、どんな進み方を選んでいますか?