ココロの拠り所

くすぶっている人々にスポットライトを当てて「人生の主人公は自分」、そう思える人を増やしたい。逆境や失敗はバネにして、自分自身に問いかけながら前に進むためのブログ。

あなたの夢、ぼやぼやしていませんか?

こんにちは!

 

久しぶりの更新です!

最近はこんな感じ。

 

 f:id:yosshie-A:20171213124114p:plain

f:id:yosshie-A:20171213124105p:plain

朝活をするとき。朝5時ぐらい。誰もいないからスッキリ。

 

f:id:yosshie-A:20171213124056p:plain

「学生団体総選挙」なるものに参加してきました。

f:id:yosshie-A:20171213124049p:plain

真ん中が自分。ファミマで大量に印刷してきた後でちょっと疲れ気味…

f:id:yosshie-A:20171213124045j:plain

毎日(毎晩?)どんなチームを作っていこうか話してました。

 

最近は、将来何をしたくて、何を作りたくて、どうなりたいのか

語る機会が増えてきました。

 

今日は、なぜ、やりたい事、将来のことを ”語ること” が大切なのか、について書いていきます。

 

発信するだけではなくて、”語る”

普段、周りの人にやりたい事を発信する機会はありますか?

「こんなことがしたい!」と言い続けてると、

会いたかった人に会えたり

必要な情報を教えてもらえたり

といったことも起きてきます。

でも、それと同時に、

その発信する内容を深めていくことも大事だと思ってます。

なぜなら、やりたい事はどんどんとブラッシュアップされていくものだから。

 

例えば、旅行に行く、となっても

どこを訪れて、何を見て、何を体験して、そもそもどんな交通手段で行くのか、など。

ガイドブック買ったり人に聞いたりググったりしてると、旅行に行く計画がどんどん鮮明になっていくと思います。

考えれば考えるほどワクワクしますよね!

やりたい事を語るのもそんな感覚。

 

それに10年、20年、、と今まで生きてきた背景や、やってきた経験があって、これからやりたい事を思い描いていく、と考えたら、そんなに単純なものでもないはず。

 

具体的にどうやってそれをするの?

 

また、やりたい事を語ると、他の人からのフィードバックがもらえますよね。

それがきっとあなたの考えてる構想をもっと具体的にしてくれます!

 

なぜなら自分の中ではつながっていても、意外と話してみるとつながっていないことに気付けるから。例えば、めっちゃ好きな本や映画があったとしても人にオススメしようと思ったら意外と伝わらなかったりしませんか?実際その映画の良いとこって何なの?というのが言葉にできないことは、人に伝えてみて分かります。

 

特に、どうやってそれを達成していくの?現実にしていくの?という部分は

さっきの旅行の例で言うのなら、どんな交通手段で行くのか、という話。

 

そんなことをつっこんでくれる人はあなたの周りにいますか?

 

多分、家族に話しても、どうやってやるのか?色々と質問されることは無いですよね。

そうではなくて、それを本当にかたちにしていくのは大前提。

そのうえで「どうやってそれをやるの?」ということをつっこんでくれる人と語り続けることが重要です。

 

最後に、良い言葉を見つけたのでのせときますね!

 

 

 夢を語ろう、夢を実現するために。

  ブルース・スプリングスティーン(ミュージシャン)

 

/* */ @import url("http://hatenablog.com/theme/6653586347153366095.css"); /* */ /* */ /* default */ /* */